2017年7月27日木曜日

2016年度 佐藤研PBL生 発表会

7/20に学部2年次に開講される基礎工学PBLという授業の一環で、佐藤研に配属された7名のPBL生がCMUcamというセンサーを使用したインタラクティブな作品を作成し、佐藤研究室メンバーに発表を行いました。

レーザポインタを利用したお絵かき

ボールを利用した三次元お絵かき

パズル支援ソフト

2017年7月10日月曜日

近畿大学附属新宮高校の生徒さんが見学に来られました。

先日(7/8)、近畿大学附属新宮高校の生徒さんが大阪大学に見学に来られました。
佐藤先生から大阪大学についてのお話があり、その後、佐藤研究室と図書館の見学に行きました。
佐藤先生による大阪大学の紹介

          
研究室紹介

2017年6月14日水曜日

M1萩野、峯 SCF2017にてポスター発表

M1の萩野と峯が、6/12-13にかけてアメリカのボストンで開催されるSCF2017に参加し、ポスター発表を行いました。
質問に答えるM1萩野
ポスターの説明を行うM1峯 


  • Ryutaro Mine, Daisuke Iwai, Shinsaku Hiura, and Kosuke Sato. 2017. Shape optimization of fabricated transparent layer for pixel density uniformalization in non-planar rear projection. In Proceedings of the 1st Annual ACM Symposium on Computational Fabrication (SCF '17). ACM, New York, NY, USA, Article 16, 2 pages.
  • Kazune Hagino, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato. 2017. Place management of electrodes for embedding capacitive multi-touch sensor on 3D printed surfaces. In Proceedings of the 1st Annual ACM Symposium on Computational Fabrication (SCF '17). ACM, New York, NY, USA, Article 15, 2 pages.
また滞在中に、佐藤研究室博士研究員のParinya Punpongsanonさんにお会いし、ボストンやMITの中を案内していただきました。
CSAILにて

2017年6月9日金曜日

Welcome Race 2017

6/1、毎年恒例のインタラクティブ作品コンテスト(Welcome Race)が行われました。
このコンテストは、この春佐藤研に配属されたB4がKinectやLeapMotionなどのセンサーを用いた作品を作り、競い合うイベントです。
コンテスト当日はPBLを受講している2年生を交えてそれぞれの作品を体験しました。

作品一覧
・青木 "クロムダーツ"
・安部 "ブロック崩し"
・上田 "Kinectでリズムゲーム"
・神之門 "AlbaSim"
・藤野 "青鬼VR"
・平谷 "Kinect Stadium"
・松井 "Leap Bowling"

空を飛んでいます
Google CardboardでVRゲーム
LeapMotionでボーリング

各作品のデモ動画はYouTubeチャンネルSENSbitにて順次配信していきます。ぜひご覧ください!

優勝作品に選ばれたのは"AlbaSim"と"青鬼VR"でした。受賞者には佐藤先生から作品テーマに合わせた豪華賞品が贈られました。



2017年5月29日月曜日

佐藤研究室春の遠足

佐藤先生、岩井先生、松倉先生のフル参加のもと、佐藤研究室の全体行事として、5/28に兵庫県三田市のしい茸園 有馬富士へ遠足に行ってきました。椎茸狩りと、イワナ釣りを楽しんだ後は、大自然の中でBBQを行いました。最後には、レクリエーションによってチームで競い合い、体を動かしました。
集合写真「椎茸ゲットだぜ!」 前列左端の佐藤先生はカープ黒田Tシャツ
椎茸刈り!!楽しいたけ
釣りで腕がつりそう
黒毛和牛BBQ
レクリエーション
Dチーム 優勝おめでとう!

超域リーディングプログラム生来訪

5/26に超域イノベーションリーディングプログラムの一環で、佐藤研究室に超域生(M1)が基礎工学研究科に研究室エクスプローラに訪れました。佐藤研究室からは、別のリーディングプログラムであるヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム生の竹澤、田辺、峯の三名が研究のデモンストレーションを行った他、リーディング生同士で討論を行い交流を深めました。

説明される岩井先生
超域生に研究デモをしているヒューマンウェア生

2017年5月27日土曜日

M2 菊川、M1 河原、佐藤、田辺、刀根、萩野、峯がSCI'17にて発表

5月23~25日、京都テルサにて、第61回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'17)が開催され、M2の菊川、M1の河原、佐藤、田辺、刀根、萩野、峯が口頭発表を行いました。
それぞれ無事発表を終えることができ、また河原と峯はSCI学生発表賞を受賞することができました。
お疲れ様でした。
  1. 佐藤貴俊,岩井大輔,佐藤宏介,"複数台のパンプロジェクタを用いたハンドヘルド型投影システム","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),112-2 (3 pages),2017
  2. 刀根大樹,岩井大輔,日浦慎作,佐藤宏介,"投影対象内の導光路を同時に3D印刷するアクティブマーカによる動的プロジェクションマッピング","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),112-3 (3 pages),2017
  3. 峯隆太郎,岩井大輔,日浦慎作,佐藤宏介,"非平面プロジェクションにおける画素密度均一化のための光路透明層の形状最適化","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),112-4 (4 pages),2017
  4. 河原拓海,岩井大輔,佐藤宏介,"投影輝度向上および利用者との衝突回避を目指したプロジェクタドローンの動的配置","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),132-1 (3 pages),2017
  5. 菊川剛,岩井大輔,佐藤宏介,"バーチャルハンドを投影するテレプレゼンスロボット","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),132-4 (5 pages),2017
  6. 萩野和音,岩井大輔,佐藤宏介,"3Dプリンタ出力への静電容量方式マルチタッチセンサ埋込みにおける電極配置に関する研究","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),142-4 (6 pages),2017
  7. 田辺育暉,浅井唯貴,榎本龍一,上田雄太,岩井大輔,佐藤宏介,"身体拡張インタフェースにおける非操作手への触覚呈示機構に関する研究","第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'17),142-5 (6 pages),2017