2014年11月3日月曜日

擬似乱数間歇フラッシュ照明

点滅間隔が擬似乱数(M系列)で符号化されたPWM間歇点灯(1秒程度の間隔で0.1秒点灯)する充電式コードレス投光器と乾電池式ライトを製作しました。小型の8ピンDIPマイコンATtiny-85でパワーMOSFETを介して高輝度LEDをオンオフするようにしました。投光器は市販の充電式10W LED投光器(18650リチウム充電池+白色LED20個)器を改造しました。
擬似乱数PWM間歇投光器(市販10W投光器改造) 回路図
擬似乱数PWM間歇点灯ライト 回路図
パルス点灯する間隔を符合変調(PWM)、常時点灯しないので省電力
Arduinoソース例
(左)ATtiny85、(右)超低抵抗FETなので放熱板不要、(下)3端子レギュレータ
LEDカソードラインを切断し、LED側にFETのドレイン、グラウンド側にソースを挿入
カバーを戻せば、改造痕なし 
直視できない激光で間歇点灯します
単三3本駆動(3W白色LED、VF=3.3V)